愛媛松山事務所 敬老会


招待者の熟年会員自らすばらしいフラダンスを披露し、参加者を楽しませてくれました。
歌あり、踊りありの毎年恒例敬老会ですが、最後はみんなの大好きな『ふるさと』の大合唱で幕を閉じます。毎年みんな元気で顔をあわせましょう!

平成17年 11月14日(月)〜16(水)伊勢参拝と廣池千九郎博士の足跡を尋ねる旅

平成17年度は、財団法人モラロジー研究所廣池寛幹堂理事長の伊勢参拝に日程を合わせ、熟年クラブメンバーと女性クラブの合同で「伊勢参拝と廣池千九郎博士の足跡を尋ねる旅」を催行しました。
参加者は男女合わせて計49名で、賑やかに楽しんできました。
15日は伊勢参拝を厳粛な空気の中でさせていただき、粛々とした気分になりました。
最終日の16日には、勢山教会・二見今一色を訪れ、博士が病と戦いながら、大きな人生の教訓を得られたときのことに思いを馳せ、門人として襟を正してきました。
博士の事跡を知るにつれ、博士の偉大さ、自分たちの小ささに気づかされることばかりでした。
我々熟年は、こまで博士について学んできたことを、次代の人々に自分たちの生き様で残していかなければならないと、心あらたに帰ってきました。

熟 年 ク ラ ブ

廣池千九郎博士が天理教理解、研究、活動など全般的に多大な影響をあたえた、矢納幸吉を会長とする勢山教会にて・・・

廣池千九郎が伊勢の吸霞園に下宿していた時に、献身的に博士の世話をしてくれた、服部ていの家

大正元年の大患のとき初めて医師の診断を受けた
日赤山田病院跡地

二見浦文教会にて

神宮港

松本初子宅跡